10年後も色あせない、安定した歯科経営のためのブランド戦略
rss
TEL.0120-511-500

医療記事ライティング

WRITING

多忙な医師がWEBやパンフレットの文章を書くのは困難

医療記事ライティングブログやSNSが世の中に普及し、多くの一般の人が文章を書くようになりました。他人の書いた文章が世の中に出まわるなんて、一昔前では『物書き』以外にいなかったですよね。
しかし、インターネットの普及により、個人の意見や思想を文字にのせて全世界に発信できるようになったことで、文章を書くことが身近になったと感じていませんか?

その反面で、こんな問題もあります。
素人の書いた文章は、読みにくいという問題です。

もちろん、カジュアル(非公式)な文章であれば、さほど問題ないでしょう。例えば、SNS(FacebookやTwitter、インスタグラム)などの短い投稿などは、個々人のつぶやきと捉えられますので、多少読みにくくても問題はありません。

ところが、企業活動における長文の場合は、そうはいきません

公に公開されるオフィシャルサイトの文章が読みにくかったり、専門性に欠けたり、何を言っているかわからなかったら大問題です。信用を失うどころか、売上にかかわる一大事です。

これらのことから、医療に限らず、原稿執筆のお仕事は専門のライターさんや制作業者さんに依頼される事がほとんどだと思います。
当然のことながら、日々の診療に追われている先生方が、ひたすら長文を書くのは困難です。

もちろん、学術論文であれば、そんなことは言ってられませんので、ひたすら書くはずです。しかし、ウェブサイトやパンフレットなどの文章は、無理をせずに業者任せにするケースがほとんどです。

通常、医療知識を持ったライターは、ほとんど居ない

医療ライター上記で述べた通り、医療機関のウェブサイトやパンフレットは、制作業者さんやライターさんに依頼されている企業が多いでしょう。しかし、医療の場合は、ここで一つ問題が追加されます。
多くの制作業者さんには、医療の知識をもったライターが居ないということです。

その場合、どうされているのかは、私達には分かりません。

一部の制作業者さんから、当社にライティングのお仕事が舞い込みますので、私達のように、医療知識を持ったライターさんを手配しているのかもしれません。しかし、医療ライターは、そんなに多くないのではないかと思います。

当社では、医療知識をもったディレクターが制作を指揮し原稿(ライティング)も医療ライターが書くという点をウリにしています。他の制作業者では真似できないからです。

当社では、先生からヒアリングした内容を分かりやすくまとめ、一般素人でも理解できるような言葉に変換し文章を書いていきます。
もちろん短い文章でも長文でも可能です。

大事なのは、『何を伝えたいか』『何を伝えるべきか』という点です。
歯科医院のファンを増やすために伝えるべき事をしっかり伝える、そして患者さんにメリットを生むような情報提供を惜しみなく行う。

これが、当社のライティングサービスです。

WORK

サポート実績

COLUMN

お役立ちコラム