10年たっても色あせない、安定した歯科経営!

医療圏(人口減少・虫歯率  低下 ・歯科医院の増加)
望んではいなくても、現実はライバル医院と患者の奪い合い
昨今、人口減少、虫歯率低下、歯科医院の増加などにより、新規患者を囲い込むのが・・・・・文章省略・・・・・・

他院の集患の取組み

ライバル歯科医院Aライバル歯科医院A(危ない!)
これといった集患の取組を行なっていないので、固定患者はいるが、患者数は減少傾向。
【集患の取組】なし
ライバル歯科医院Bライバル歯科医院B(人並)
Webサイトは持っているが、ほっぽらかしで情報も古く、アクセスも少ない。
【集患の取組】Web
ライバル歯科医院C<ライバル歯科医院C(良い)
Webサイトしか持っていないが、ブログ機能が付いているので、情報がつねに更新され活気があり、アクセスも順調。
【集患の取組】Web、ブログ
ライバル歯科医院D<ライバル歯科医院D(優秀)
新患獲得にWebサイトを活用。さらにパンフレットやニュースレターなどのツールで、患者へのフォローが厚く、紹介を増やしている。
【集患の取組】Web、パンフレット、ニュースレター機関紙

安定した歯科経営への具体策

集患の取組みと見込める患者層は下図のように想定されます。

Webでの集患歯科経営には絶対に欠かせないツール。新患獲得には効果絶大。Webの品質が経営を大きく左右することが実証されています。
パンフレットでの集患多くのクリニックが、クリニック紹介や自費診療の説明、紹介促進など、目的に応じて作成。配布することで、効果に即効性があります。
ニュースレター・機関誌患者のリピート率をアップさせるための方法として多くのクリニックが実践しています。定期的な情報発信が重要。
名刺・カードでの集患医師や衛生士の全員が名刺を持つことで受け持ち意識が高まり、患者のつなぎとめに有効なことがわかっています。
ブログ・Facebook・Twitterでの集患Webに誘導させるために大きな効果を発揮します。状況に合わせ取組み、その取組に応じた反響が見込めます。
ロゴ・イラスト・似顔絵クリニックに対するイメージアップや親近感、信頼感などに影響をあたえます。多くのクリニックが導入しています。
リコールハガキでの集患予防歯科の需要が急速に高まっています。治療して終わりではなく、定期的な受診を促すツールとして活躍します。